引越し先 アンケート

ファミリー引越しセンター利用者に聞く・オススメの引越し先

東京都練馬区光が丘

大江戸線の始発であり、都心に出やすく、子育ての環境も整っている。

 

団地は古いが、外観も定期的に手入れされているようだし、車の進入が制限されているので、子どもが1人で遊びに出かけても、車との接触がほとんど無いところは安心要素だ。

 

また、買い物にも便利なのと、大きな公園や図書館、体育館があるので、公共施設の利用もしやすい。

 

春は桜、夏は水遊び、秋は銀杏並木と、四季を感じながら過ごせるのも魅力のひとつだ。

 

団地はゴミ出しがいつでも可能なので、管理や掃除は業者が行っているので助かる様だ。

 

1番の大きな理由は実家に近いということだ。

 

横須賀線鎌倉駅

観光地なので駅から少し離れたところ、江ノ電沿線でもいいのですが、緑や海といった自然が近いのが魅力です。

 

古い町並みと新しいお店が混在した面白い街だと思います。

 

静かに、でも少し遊びたい時には横浜までも1本で出られる、少し遠出といった気持ちで東京もさほど遠くなく、夏には海、少し疲れたら森林に、寺社仏閣も点在しているが若者にも人気のお店が出店したりと、一見ちぐはぐなようで、でも大変いいバランスで共存できている街だと思います。

 

大阪府豊中市阪急沿線

北摂と言えば、大阪のなかでも治安もよく、学校や公園などの施設も整っている場所です。

 

また、歩道と車道の区別などもきちんとなされていて、安全に生活できる地域だとおもいます。

 

阪急電車に乗れば、大阪市内へも近いですし逆に箕面市などの自然豊かな観光地へもいくことができます。

 

たしか、学力の点でも上位の市だったとおもいます。

 

教育面で高いレベルを保っているところは、親もしっかりした人が多いので、変な問題もおきにくいのではないでしょうか。

 

転勤族も多いので、変に大阪のベタベタした雰囲気がなくて良いと思います。

 

引越しさきにしない方が良い地域

 

築年数が古く、地盤に問題がある所や、治安の悪いところには住みたくない。

 

家賃や駅に近いかというのは、住居選びのポイントになるのは当たり前だと思うが、子どもがいるので、都会すぎて人も車も多すぎるような、空気も雰囲気も悪いのは避けたい。

 

具体的な地名をあげるのならば、やはり、新宿、渋谷、秋葉原周辺は子どもが小さい現在はあまり魅力を感じない。

 

用事がある時にだけ行く場所という感じ。

 

あとは、震災でダメージを受けていた浦安、幕張、豊洲、台場など、液状化しそうな場所も、住環境は良さそうだが魅力を感じない。

 

ファミリー引越しセンター利用者アンケート

 

東京の東側エリア、足立区や江戸川区はアジア諸国の方が多い、また、大阪のなんば駅より南のエリアには、治安が悪いと聞きますので、聞いただけで実際に何かあったわけではないですが、やはりイメージだけでも住みたいとは思いません。

 

あちこちの駅に行ってみて、駅が汚い、駅前にパチンコ店が多い、駅前のお店が19時に閉まってしまう、駅付近で騒いでいる人が多い、ざっと見て交番がない、駅までの道が暗い、水商売のお店が多い、駅前にコンビニしかない、コンビニばかりが目立つような駅、沿線はちょっと避けたいと思っています。

 

大阪でも、逆の南部へいくほど、だんぢりなどの祭りで成り立っている地域になるので、地元の人たちの繋がりが強すぎて、こだわりを理解することに時間がかかるとおもいます。

 

治安も悪いとは言わないけれど、全体的に緩い空気になりますから、都会から移るひとにとっては驚くことも多いかとおもいます。

 

言葉遣いなども激しくなるので、子育てするには少しとまどいます。

 

服装などのセンスも、自然と適当になってしまうという残念なことになります。

 

せっかくの海の景色をうまく利用できていないところも多く、残念に思いました。